【るるぶ日本の歴史ゲームをレビュー】子どもも大人も楽しめる!6通りの遊び方で歴史が学べるゲーム

  • URLをコピーしました!

るるぶの日本の歴史ゲームは、遊びながら日本の歴史上の人物・出来事・名所などの知識が身につくゲーム。

遊び方が6通りもあって、いろんな角度から日本の歴史に親しめます。

るるぶの日本の歴史ゲーム
偉人カード集めゲームをやっているところ

日本の歴史の知識がなくても遊べますが、ある程度知識があるとさらに楽しめます。

娘(小3)は日本の歴史漫画などで時代の流れや歴史上の人物を大体知っていたので、比較的スムーズにゲームに入っていけました。

日本の歴史を学んでいるお子さんの知識を定着させるための教材としても最適。

じゅんぺー

るるぶの日本の歴史ゲーム、想像以上におもしろくて親子で盛り上がります!

本記事では、るるぶの日本の歴史ゲームを購入して娘と遊んだ感想、口コミ・評判などを中心に下記の内容を紹介します。


タップできる目次

るるぶ 日本の歴史ゲームの基本情報

るるぶの日本の歴史ゲーム
商品名るるぶ 偉人カードで遊ぶ 日本の歴史ゲーム
出版社JTBパブリッシング
監修伊藤 賀一 先生
対象年齢5歳から小学生高学年
プレイ人数2人から(歴史かるたは3人から)
じゅんぺー

対象年齢が5歳から小学校高学年までとなっていますが、大人でも楽しめる内容です。

るるぶ 日本の歴史ゲームの遊び方

るるぶ 日本の歴史ゲームの遊び方は下記の6通りです▼

  1. 遊んで学ぶ 偉人カードあつめゲーム
  2. 日本一周!歴史の舞台めぐり
  3. 歴史人物かるた
  4. 歴史クイズゲーム
  5. 偉人カード将棋
  6. 歴史人物ポーカー

それぞれのゲームについて紹介します。

遊んで学ぶ 偉人カードあつめゲーム

日本の歴史ゲームの偉人カード集めゲーム
STEP
偉人カード(絵札)を山にして置いておく
STEP
サイコロを振って出た数だけ進む
  • Wカードマスに止まったら、好きな方の偉人カードをもらう。
  • ターニングポイントマスに止まったら、サイコロをもう一度振る。(1〜3が出たら次の偉人マスへ、4〜6なら前の偉人マスへ)
  • 黄色の激突マークに止まったら、右隣の人とじゃんけん。勝った方が相手から好きなカードを1枚もらう。
    手札がない場合は3マス進む。
STEP
ゴールした時に、手持ちの偉人カードの星の数の合計が多い人の勝ち

日本一周!歴史の舞台めぐり

日本一周!歴史の舞台めぐり
STEP
偉人カード(絵札)を3枚ずつ配る

残りは裏向きにカード置き場に置く

STEP
サイコロを振って出た数だけ進む
  • 黄色の偉人マスに止まったら、カード置き場から1枚カードを引く。
  • マスの指示に従って偉人カードを使う。使ったカードはカード置き場の一番下に戻す。

サイコロは1つでも2つ使ってもOK。2つ使う場合は出した目の数を足す。

STEP
①から③までのいずれかの条件を満たした人が勝ち

このゲームは下記3つのうちどれか1つお好みの勝ち方を選べます。

  1. 先にゴールした人が勝ち
  2. 手持ちカードの数の多い人が勝ち
  3. 手持ちのカードの星の数の合計が多い人が勝ち

歴史人物かるた

偉人カードの絵札と読み札
歴史人物かるた

偉人カード(絵札)を広げ、偉人カード(読み札)を読んでかるたをします。

多くのカードを取った人の勝ち。

歴史クイズゲーム

偉人カード(読み札)を均等に配り、読み札を見ながらクイズを出題。答えられた人がそのカードをもらいます。

偉人カードが一番多かった人が勝ち。

じゅんぺー

歴史クイズゲームは、自分で問題を考えたり答えたりする必要があるので、ある程度歴史の知識がある人向きかな。

偉人カード将棋

偉人カード(絵札)を使って簡易版の将棋遊びをします。

STEP
好きな色のカード(同じ色で7枚1組)を選び、盤面に並べる
偉人カード将棋ゲームです


7枚1組の組み合わせは下記の通り▼

  • 星5つカード1枚
  • 星4つカード3枚
  • 星3つカード1枚
  • 星2つカード2枚
STEP
サイコロを振って大きい数が出た人からスタートし、カードを矢印の方向に動かす
将棋ゲームは、カードの矢印の方向に進む
  • 星4つカード・星3つカードは好きなだけ、星2つカードは1マスずつ動かせる
  • 星2つのカードが相手のエリアに進んだら、星4つに成れる
  • 相手カードに自分のカードを重ねたら相手カードをゲットできる
  • 相手から取ったカードは、好きなマスに置くことができる(ただし星2つのカードは、最初から星4つのカードに成れない。将棋の取ったコマの使い方と同じルール。)


STEP
相手の星5つのカードを取った人が勝ち

歴史人物ポーカー

歴史人物ポーカー
ポーカーをして遊ぶ

偉人カード(絵札)を使って遊びます。

STEP
偉人カードを5枚ずつ配る

残りのカードは裏向きに山にして置く

STEP
順番に手札のうち1〜3枚を捨て、山のカードから捨てた枚数分のカードを引く

どのカードも捨てたくない時はパスも可能

STEP
3回繰り返したあと、カードの組み合わせが一番強い人が勝ち

カードの組み合わせは下記の通り▼ 弱い順↓

① ワンペア同じ時代で2枚
② ツーペア同じ時代で2枚×2
③ スリーカード同じ時代で3枚
④ フラッシュ同じ色で5枚
⑤ ストレート違う時代を続けて5枚
⑥ フルハウススリーカードとワンペア
⑦ フォーカード同じ時代で4枚
⑧ ファイブカード同じ時代で5枚
⑨ ウーマンフラッシュ女性カード5枚

るるぶ 日本の歴史ゲームを開封&遊んでみた感想

偉人カード集めゲームで遊んでいる様子

るるぶ 日本の歴史ゲームを開封&遊んでみた感想を紹介します。

まずは開封

ゲームの箱はビニールに包まれていました。

箱はけっこう頑丈な作りで、図鑑の表紙並みに固め。

るるぶ日本の歴史ゲームの外観

ビニールをはがして箱を開けてみると、中身はこのようなかんじ。

日本の歴史ゲームの中身
日本の歴史ゲームのコマとサイコロ、カード

中身は下記6点▼

  • ゲームのボード
  • 偉人カード
  • 読み札カード
  • コマ 6つ
  • サイコロ 2個
  • 特別付録の年表(裏は遊び方の説明)


ゲームのボードはかなり分厚くしっかりとした作りで、つやなしのマットな質感。

ボードは折りたためるようになっていて、コンパクトになります。

日本の歴史ゲームのボード
ボードは折りたためる仕様
日本の歴史ゲームのボード


箱の大きさは図鑑と同じくらいで、収納に便利です。

日本の歴史ゲームの大きさ
るるぶ日本の歴史ゲームの箱の大きさ
大きさは29.7cm×21cm
日本の歴史ゲームの重さは963g
重さは963 g

ボードやカードの漢字にはすべてふりがなが振られています。

特別付録として小学生のための歴史年表がついていて、その裏に遊び方の説明や偉人カード将棋のプレイシートが載っています。

るるぶ日本の歴史ゲームの特別付録
るるぶ日本の歴史ゲームの特別付録


遊んでみた感想

日本の歴史ゲームのマスを進めている様子
偉人カードあつめゲーム

ボードゲームは一瞬どう進むのか戸惑いましたが、すぐに慣れてゲームを進められました。

コマは特に特徴がないので、娘が「顔とかを描きたい!」とペンでイラストを描いていました。

日本の歴史ゲームのコマとサイコロ、カード
コマに顔を描いている様子


ゲーム中に出てきた歴史上の人物や出来事についてくわしく確認したいときは、日本の歴史漫画などでチェック。

日本の歴史ゲームで出てきた歴史上の人物や出来事を、日本の歴史漫画で確認している様子
偉人カードあつめゲーム

偉人カードあつめゲームでは、旧石器時代から現代までの時代の大まかな流れと歴史上の重要人物・出来事を知ることができ、歴史の舞台めぐりゲームでは、歴史の名所・都道府県の位置も身につく仕様。

日本一周!歴史の舞台めぐりをやっているところ
歴史の舞台めぐり

歴史の舞台めぐりゲームで遊ぶと、そこに出てくるお城や神社・お寺・遺跡など、実際に行ってみたいところがたくさん。初めて知った場所もありました。

歴史の舞台めぐりで出てきた場所は、実際に「るるぶ 地図でよくわかる都道府県大百科」で確認しました。お城や古墳などの写真が載っていてわかりやすいのでおすすめです。

サイコロを2つ使うと、計算(1桁のたし算)の練習になります。

じゅんぺー

日本の歴史ゲームのボードゲーム、想像以上におもしろくて、娘と笑い転げながら遊びました……。

歴史人物かるたで遊んでいる
歴史人物かるた
歴史人物かるたで遊んでいる様子

歴史人物かるたは、歴史上の人物について覚えるのに役立ちます。

じゅんぺー

結構激しいバトルになりました。楽しい!

偉人カード将棋は、「成る」などの言葉が出てきて、取ったカードを使う時はすぐに成ることができないなど、将棋のルールを知らないとわかりにくい部分があるかもしれません。

初心者でも遊べるスタディ将棋の記事はこちら

るるぶ日本の歴史ゲームで遊んで感じたメリット4つ

るるぶ日本の歴史ゲームで遊んで感じたメリットを4つ紹介します。

  1. 楽しみながら歴史が学べる
  2. 遊び方が6通りもあり、いろんな角度から歴史に親しめる
  3. 親子で盛り上がって楽しめる
  4. 収納しやすい

楽しみながら歴史が学べる

日本の歴史ゲームで遊んでいるうちに、時代の流れ、歴史上の人物や出来事、日本各地の歴史の名所が学べます。

じゅんぺー

楽しみながら学べるって最高!記憶にも残りやすいように感じます。

遊び方が6通りもあり、いろんな角度から歴史に親しめる

偉人カードあつめゲームをやっている様子
偉人カードあつめゲーム
歴史人物かるたで遊んでいる
歴史人物かるた

ボードゲームでは時代の流れや歴史上の人物・出来事・歴史の名所を、カルタでは歴史上の人物についてより詳しく学べ、歴史クイズではもっと歴史を覚えて問題に答えられるようにしたいという気持ちにさせてくれたり……。

いろんな楽しみ方ができるので、飽きずに遊べそうです。

親子で盛り上がって楽しめる

かるたで遊んでいるところ
2人でボードゲームをしているところ

子どもだけでなく大人も楽しめて、親子で遊べます。大人も学ぶことがたくさん。

じゅんぺー

ボードゲームでは、好きな歌を歌おう・みんなで阿波踊りを踊ろうというマスがあったり、楽しいイベントマスがあって親子で盛り上がること必至!

収納しやすい

図鑑よりほんのり大きいかなという感じなので、収納しやすいと思います。

本棚に収まる大きさです。

日本の歴史ゲームを収納したところ
日本の歴史ゲームの大きさ

るるぶ日本の歴史ゲームで遊んで感じたデメリット

るるぶ日本の歴史ゲームのデメリットを挙げるならば、歴史年表の裏に遊び方の説明と偉人カード将棋の盤面が載っているところ。

歴史年表を壁に貼りたい場合は、どちらかをコピーして使う必要があります。

るるぶ日本の歴史ゲームの特別付録
るるぶ日本の歴史ゲームの特別付録
歴史年表の裏
じゅんぺー

遊び方のところが別になっているとありがたいかな……。

るるぶ日本の歴史ゲームの口コミ・評判

るるぶ日本の歴史ゲームのネット上の口コミ・評判を調べてみました。

良い口コミ・評判

良い口コミからです。

歴史に興味がもてる
スゴロクや子供将棋など、色々な遊び方ができるので、歴史の登場人物に自然と興味を持ってくれました!
大人も一緒に楽しめます。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

楽しんで勉強

ゲーム感覚で歴史を勉強できて面白いボードゲームです。
偉人の紹介も小学生にもわかりやすく書かれており我が子の場合ですが最初はカード集めに没頭していたものの、遊びながらカードを読んでこの人がどんなことをした人なんだよって教えてくれるようになってきました。
遊び方も双六だけでなくかるたや、将棋、クイズなど計6種の遊び方ができて飽きさせない作りになっているのも良いですね。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

良い口コミ・評判をまとめると下記の通り。

  • 楽しい・おもしろい
  • ハマった
  • 遊びながら歴史に興味が持てる
  • 盛り上がる
  • 歴史上の人物の名前や都道府県を覚えた
  • 子どもも大人も楽しめる

悪い口コミ・評判

次にネガティブな口コミです。

全体的にはよくできているしたくさん遊べるが、説明書や年表は別でつけて欲しかった。そこはケチらないでほしいと思った。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

悪い口コミ・評判は下記の通り▼

  • 人物の個性が際立つイラストだと良かった
  • 説明書と年表は別でつけてほしかった

口コミ・評判のまとめ

ネット上の口コミ・評判をまとめました▼

良い口コミ
悪い口コミ
  • 楽しい・おもしろい
  • ハマった
  • 遊びながら歴史に興味が持てる
  • 盛り上がる
  • 歴史上の人物の名前や都道府県を覚えた
  • 子どもも大人も楽しめる
  • 人物の個性が際立つイラストだと良かった
  • 説明書と年表は別でつけてほしかった

ネガティブな意見も少数ありましたが、おもしろい・歴史に興味が持てる・親子で楽しめるなど良い意見が多かったです。

るるぶ 日本の歴史ゲームはこんな人におすすめ

るるぶ日本の旅行ゲームは下記の人におすすめです。

るるぶ 日本の歴史ゲームはこんな人におすすめ
  • 子どもが歴史に興味を持つきっかけを作りたい
  • 歴史好きなお子さんに
  • 歴史の知識を定着させたい
  • 親子で歴史を楽しく学びたい

るるぶ 日本の歴史ゲームレビューまとめ

ここまで下記6点をお伝えしました。

  1. るるぶ日本の歴史ゲームの基本情報
  2. るるぶ日本の歴史ゲームの遊び方
  3. るるぶ日本の歴史ゲームを開封&遊んでみた感想
  4. るるぶ日本の歴史ゲームで遊んで感じたメリットデメリット
  5. るるぶ日本の歴史ゲームの口コミ・評判
  6. るるぶ日本の歴史ゲームはこんな人におすすめ

るるぶの日本の歴史ゲームは、いろんな遊び方を楽しみながら日本の歴史が学べるゲームです。

わが家のお気に入りの知育ゲームの1つ。

ぜひ親子で挑戦してみてください!


農民の立場から学べる歴史カードゲームの記事はこちら(飛鳥時代から平安時代)

日本の歴史漫画の比較記事はこちら

ブログ村ランキングに参加しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次