Z会小学生コース「プログラミング学習Z-pro」をくわしく紹介!

  • URLをコピーしました!

小3の娘がZ会通信教育を始めて3年目。現在小学生コース(ハイレベル)を受講しています。

今回は、楽しみながらプログラミング的思考を身につけることができるZ会の「プログラミング学習Z-pro(ゼットプロ)」をご紹介します。

プログラミング学習Z-proはZ会小学生コース本科かタブレットコースを受講しているといつでも無料でできるプログラミング学習です。

「プログラミング学習Z-proってどういうもの?」
「プログラミング学習Z-pro、難しい?」

じゅんぺー

そう思っていらっしゃる方に向けて以下のことをご紹介します。

この記事でわかること
  • プログラミング学習Z-proの概要
  • プログラミング学習Z-pro(3年生)を実際にやってみた感想
タップできるもくじ

プログラミング学習Z-proの概要

プログラミング学習Z-proとは

プログラミング学習Z-proとは、

株式会社Z会と株式会社ソニー・グローバルエデュケーションの協業により作り上げた、プログラミング的思考の育成を目指した体験型プログラミング教材です。

引用元:Z会公式サイト

プログラミング学習Z-proに取り組める人

プログラミング学習Z-proの対象になるのは下記の方です▼

  • 小学生コース1〜6年生本科を受講中の方
  • 小学生タブレットコース1〜6年生を受講中の方

上記の方は申込・追加料金なしで学習できます。

プログラミング学習Z-proで身につく力

プログラミング学習Z-proで身につく力は以下の3つです▼

  • 論理的思考力:身につけた知識をもとに筋道を立てて論地的に考える力
  • 問題解決力 :解決するための手立てを具体的に考える力
  • 想像力 :アイディアを形にし、新しい価値を自分で作り出す力

配信回数

年に4回配信される『ミッション』と1年を通して利用できる『フィールドがあり、どちらかを選んで取り組みます。

学習時間

学習時間はミッションは1回15分程、フィールドは10分程です。

プログラミング学習Z-pro(3年生)を実際にやってみた感想

小学3年生の7-9月のミッション「おすしづくりをかんたんにしよう」とフィールド「売れるおすしをかんがえよう」の両方を、娘に教えてもらいながら一緒に取り組んでみました。

手持ちの端末(スマホ・タブレット・パソコン)から接続し、マイページのプログラミング学習Z-proから入って『ミッション』か『フィールド』を選択します▼ 我が家はipadで取り組んでいます。

今回のミッションかフィールドを選択します

まずは今回のミッション「おすしづくりをかんたんにしよう」からスタート!

お寿司を効率的に作るための方法を考えていきます。

会話のやり取りの中で課題が与えられます▼そしてその課題を解決するために試行錯誤しながらプログラムを組んでいきます。

じゅんぺー

ここでわかりやすく説明してくれます▼

マグロのお寿司を作る課題が与えられます


説明を聞いた後、実際にお寿司作りを開始!ブロックを指でスライドさせてプログラムを組んでいきます▼

お寿司のプログラミングを組みます


プログラムを組むと、ロボットがプログラム通りにお寿司を握ってくれました▼

プログラムが合っていればクリア!間違っていたらもう一度組み直します。

プログラムした通りにロボットがお寿司を握ります
じゅんぺー

関数も出てきました!

関数を使うと便利なことの説明
関数の説明

「かんすう」の説明があり、関数の概念も学びます。

関数を使って手順の流れをまとめておくと、あとが楽になり効率よくお寿司を作れます。実際に関数を使ってプログラミングを組んで指示通りにお寿司を作れたらクリアです。

じゅんぺー

関数のことなど私も学ぶことだらけでした!

あとはフローチャートを使って関数を作るということにも取り組みます。いろんなお寿司の種類の動きを1つの関数で実行できることを学びます。

「もし〜なら」のブロックを使う
「もし〜なら」のブロックを使ってプログラミングを組みます


ミッションの中に4つのテーマがあるので4つのテーマをクリアして終了となります。

ミッションをクリアしました



次はフィールドの「売れるおすしを考えよう」も娘と一緒にやってみました。

フィールドでは、お寿司が売れた金額を競います。そしてランキングも発表されます。

お客さんの年齢の近い人の今までのデータを見て、どのお寿司が売れるか、どういう順番で出すのがいいかを分析して予想し、売上が高くなるように試行錯誤していきます。

じゅんぺー

マーケティングの要素もあって面白い!マーケティングの基礎力もつくと思いました。

最後に売上の結果とランキングが出て終わりです。

お寿司が売れた金額は2200円です
じゅんぺー

出てくるキャラクターたちが優しいイラストで可愛いらしくてほっこりします!

実際に取り組んでみて……、面白い!どのお寿司が売れるかについてはかなり真剣に考えて進めました。

娘の方がサクサクっと感覚的に進めてましたね。私はじっくり考えすぎてしまいます・・・。結局ランキングは娘の方が上という・・・

勉強というよりはゲーム感覚で楽しめます。ゲーム感覚で進めながらも自然にプログラミング的思考をしっかり身につけることができると思いました。

また一つひとつステップを踏んでプログラムを組んでいき、少しずつステップアップしていくので無理なくスムーズに取り組めます。なので難しく感じることはないと思います。

娘の感想は・・・
・ミッションの方はフローチャートを使ってできるのが便利。
・フィールドは売れるおすしを考えるのはすごく頭を使う!
・おすしが高く売れると嬉しい!

まとめ

ここまで

  • プログラミング学習Z-proの概要
  • プログラミング学習Z-proを実際にやってみた感想

以上2点をご紹介しました。

楽しみながら自然とプログラミングの力が身につくプログラミング学習Z-pro

Z会小学生コース本科・タブレットコースを受講していれば無料で取り組めるのでおすすめです!

関連記事

Z会小学生コース3年生について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください↓↓
【Z会小学生コース3年生を徹底解説!】高いレベルを目指すならハイレベルがおすすめ

紙の教材とタブレット教材を比較したい方はこちらの記事をご参照ください↓↓
【Z会小学生 紙の教材とタブレットどっちが良い?】6つの点を比較

Z会小学生向けコース、どんなコースがあるのか知りたい方はこちら↓↓
【Z会の通信教育】小学生向けのコースを一挙まとめてご紹介!


ブログ村ランキングに参加しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできるもくじ