【体験談】英検5級スピーキングテストを受けてみた(小4)!実際にやった対策と流れを紹介

この記事のリンクには広告が含まれています。
  • 英検5級スピーキングテストって受けないとダメなの?
  • 英検5級のスピーキングテストってどんなテスト?

そんな方に向けて、本記事では英検5級スピーキングテストの内容、また実際に小学4年の娘がスピーキングテストを受けた体験をもとに、スピーキングテストの準備(対策)本番の流れを中心にレビューします。

英検4・5級のスピーキングテストは、1次試験を申し込んだ全員が受験できる任意のテストで(受けなくてもOK)、対面式ではなく、自宅などから端末で音声を録音する形式で行います。

スピーキングテストの合否は判定されますが、英検の級の認定には影響ありません(スピーキングテストは一次試験とは別のテスト)。

じゅんぺー

仮にスピーキングテストが不合格でも、英検まで不合格になってしまうなんてことはないのでご安心を(英検4・5級の場合)!

また、1次試験の合否に関係なく受験できますよ。

お子さんがスピーキングテストを受ける予定の保護者の方、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね!

【追記】スピーキングテストから4日後に採点完了通知が届き、無事に合格していました。

英検5級に合格した勉強法についてはこちらをご覧ください

英検5級を受ける娘に付き添ったレポートはこちらをご覧ください

タップできる目次

英検5級スピーキングテストの概要

オンライン学習

英検5級(4級も)のスピーキングテストは、2016年度の第1回から始まり、一次試験とは別の任意のテストです。

英語の初期学習者にとって、将来の豊かな「使える英語」につながるテストとして導入されました。

英検5級スピーキングテストの内容

英検5級のスピーキングテストが行われる時間は約3分で、内容は下記の通り、録音形式で行われます。

課題課題の詳細問題数
英文を音読30秒以内で、問題カードの英文を声に出して読む。
※音読の前に20秒間英文を黙読する時間あり。
1
英文についての質問音読した英文の内容について、質問に答える。2
受験者自身への質問受験者自身への質問に答える。1
参照元:英検公式サイト

スピーキングテスト単独の合否判定が出るのはもちろん、英検CSEスコアを使って、自分がどのくらいの点で合格(不合格)だったかを知ることができます。

英検3級以上のスピーキングテストは、実際に対面で行われる面接形式の試験です。

英検4・5級のスピーキングテストは受けなくても大丈夫ですが、せっかく受けられる機会があるなら挑戦してみようと思い、受験してみました。

じゅんぺー

英検3級の面接(2次試験)の内容と流れが一緒なので、今後のためにも受けてみてソンはないです!英検の合否には一切関係ないし。

【注意!】英検5級スピーキングテストには受験期限がある

英検5級のスピーキングテスト受験で注意すべき点は、受験期限があること。

1次試験の結果が発表されてから約1年間が受験できる期間なので、受験する方は忘れないようにしましょう!

英検5級スピーキングテストの準備(対策)

英検5級スピーキングテストの準備について、実際に取り組んだこと4つを紹介します。

英検公式サイトで出題形式をチェック

スピーキングテストは過去問は公開されていないのです。

ただ英検公式サイトにバーチャルスピーキングテストがあり、そちらで出題形式をチェックできます。

じゅんぺー

本番を受ける前に体験しておくと、流れがわかって安心ですよ!

「スピーキングテストまるわかりBOOK」で練習

小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル」に、スピーキングテスト対策として「スピーキングテストまるわかりBOOK」がついていたので、合格ドリルも参考に練習しました。

楽天ブックス
¥1,210 (2023/12/12 14:13時点 | 楽天市場調べ)

英検5級の内容を復習

英検5級を受けてから3ヶ月ほど経っていたので、念のため英検5級の学習内容を「英検5級予想問題ドリル」と「英検5級でる順パス単」でさーっとおさらいしました。

動画をチェック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次