【Z会小学生コース1・2年生を徹底解説!】教材すべてをこなした体験をもとに紹介します

  • URLをコピーしました!

小3の娘がZ会の通信教育を始めて3年目。現在は小学生コース3年生(ハイレベル)を受講しています。

今回は、

  • これから小学校に入学するお子さんがいてどの教材にしようか迷われている方
  • 2年生からの教材をどれにしようか色々検討されている方
じゅんぺー

上記の方に向けて、Z会小学生コース1・2年生について、教材すべてに取り組んできた実体験をもとに徹底的に解説させてていただきます!

この記事の内容
  • Z会を選んだ理由
  • Z会小学生コース1・2年生の詳細と感想
  • Z会小学生コースがおすすめな人・おすすめしない人

Z会の小学生向けにどんなコースがあるのかを知りたい方は下記の記事をご覧ください。

>>【Z会】小学生向けにどんなコースがあるの?内容や料金を一挙まとめてご紹介!

\ 資料請求はこちら /

最短1分で資料請求完了!おためし教材が無料でもらえます

タップできるもくじ

Z会を選んだ理由

まず、Z会を選んだ理由をご紹介します。

  • Z会の添削指導を担当(英語)をしていたことがありZ会を知っていて、信頼感・安心感があったこと。
  • 教材がシンプルで問題の質が良いと感じたこと。
  • 考える力を大切にしているZ会の方針と、しっかり頭を使って考え抜く力を伸ばしたい我が家の方針とが一致していたこと。
  • 基礎学力をつけるだけでなく、難しめの問題や思考力を鍛える問題に挑戦できること。
  • 添削問題があり、個別に添削指導してもらえること。

以上の理由より、我が家にはZ会が最適だと判断しました。そして実際にお試し教材をやってみて、子どもの反応を確認してから主軸の教材に決定しました。

Z会小学生コース1・2年生の詳細と感想

小学生コースは、紙の教材を使って記述力や表現力をしっかり養っていくコースです。

【教科】セットで受講

教科は、算数・国語・経験学習・英語・プログラミング学習のセット受講です。

オプションで「みらい思考力ワーク」も受講していました。

英語とプログラミングはタブレットで取り組みます。

じゅんぺー

実際に手を動かして書いて記憶を定着させることが大事だと思っていることと記述力を鍛えてほしかったため、小学生コース(紙の教材)を選択しました。

2年生から「スタンダード」か「ハイレベル」かレベルを選べる

小学生コースでは、算数と国語は「スタンダード」か「ハイレベル」のどちらかのレベルを選びます。
(※2022年6月現在、2年生からレベルを選択します)

スタンダードとハイレベルの学習量の違いは以下の通りです▼

スタンダードハイレベル
わくわくエブリスタディ国語・算数 各 10 回/月国語・算数 各 12 回/月
ドリルZ国語・算数 各 15 回/月国語・算数 各 20 回/月

わくわくエブリスタディ(メインテキスト)はハイレベルの方が2回分、ドリルZ(自習用ドリル)はハイレベルの方が5回分多くなっています。

ハイレベルを選ぶと金額が少し高くなります。(+374円/月 12ヶ月払いの場合 2022年6月現在)

じゅんぺー

我が家は下記の理由からハイレベルを選びました。

ハイレベルを選んだ理由
  • 低学年のうちから、レベルの高い問題に触れてほしかった。
  • 中学受験する予定はないが、高校受験では難関校を目指せるレベルに持っていきたいと考えている。

受講料金

1・2年生はセットでの受講になります。

1年生の受講料金は以下の通りです(2022年8月時点)▼

みらい思考力ワークなし4,114円/月(12ヶ月一括払いの場合)
みらい思考力ワークあり4,862円/月(12ヶ月一括払いの場合)
参照元:Z会公式サイト

2年生の受講料金は以下の通りです(2022年8月時点)▼

スタンダード4,301円/月(12ヶ月一括払いの場合)
ハイレベル4,675円/月(12ヶ月一括払いの場合)
スタンダード+みらい思考力ワーク4,955円/月(12ヶ月一括払いの場合)
ハイレベル+みらい思考力ワーク5,329円/月(12ヶ月一括払いの場合)
参照元:Z会公式サイト

学習の進め方

学習の進め方を紹介します▼

 教材一式が届く
     ⇩   
 学習カレンダーのスケジュールを確認して学習スタート
     ⇩
 わくわくエブリスタディ + ドリルZ ( 国語・算数 )
 わくわくエブリスタディ けいけん ( 経験学習 月1回 )
 みらい思考力ワーク ( オプション講座 月4回 )
     ⇩
 月に1回 添削問題提出( 国語・算数・経験学習 )
     ⇩
 添削問題が帰ってきたら復習

算数・国語・経験学習のエブリスタディの教材と一緒に、『エブリじょうほうきょく』(子ども向け情報紙)と『Z -SQUARE Letter』(保護者向け情報紙)も届きます。

わくわくエブリスタディが終わったら『はげましスタンプ』を押して▼、ドリルZが終わったら『ばっちりシール』を貼ります。

わくわくエブリスタディ 算数 2年生(2022年2月号)
じゅんぺー

Z会の教材は、他社の教材と比べるとキャラクターの登場回数は少なめでシンプルな作りです。

添削問題は予めコピーを取っておくと復習がしやすいです。

添削問題を提出してポイントを貯めると好きな賞品と交換できる努力賞ポイント制度があります。

貯めた努力賞ポイントは、図書カードかnanacoポイントと交換できるわよ。

努力賞ポイントについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

>>【2022年】Z会努力賞ポイントの貯め方と交換方法をくわしく解説!

メインテキストの解説冊子:わくわくエブリスタディ サポートブック

わくわくエブリスタディサポートブックは、わくわくエブリスタディの解説冊子です。

わくわくエブリスタディの解説冊子です
わくわくエブリスタディの解説冊子です
わくわくエブリスタディ サポートブック 2022年3月号

解き方の詳細はもちろんのこと、教え方のポイントどこをどのように褒めたら良いかについても詳しく載っています。

じゅんぺー

自分ではなかなか思いつかない「ほめ方」についても載っていて大変役立ちました!子どもを褒めると喜んで次も頑張ろうと思えると感じています。

年に3回届く「あしあとシート」と「わくわくレター」

年に3回、「あしあとシート」と「わくわくレター」が届きます。

  • 「あしあとシート」は、添削問題の提出状況と成績、科目ごとのアドバイス・総合的なアドバイスが書かれたもの
  • 「わくわくレター」は、Z会の担当の先生から子どもへの手書きのお手紙

「あしあとシート」では、添削問題の提出状況や得点、担任の先生からの詳しいフィードバックがあって、国語・算数・経験学習それぞれの報告と総合的な報告が載っていました。

あしあとシート 2年生

どういう力が身についてきているか」「こういうところがよくできていた」「この問題に対してはこういうところに注意することが大切」などかなり具体的なところまで落とし込んで評価やアドバイスをしてくださり、大変役立ちました。

わくわくレターも一緒に届きます▼

わくわくレター 2年生
じゅんぺー

娘は先生から「わくわくレター」をもらってとても喜んでいました!先生が見守ってくれているのを感じることができて良かったです。

【経験学習】実体験から学べる!

この経験学習が1番思い出深く、紙の教材の醍醐味とも言える教科だと思っています。

月に1回、親子で料理・工作・観察など様々な体験をします。

作って終わりではなく、体験を通してそれぞれのテーマについて社会と理科の視点から学びます。その学びは3年生から始まる理科と社会へつながっていくように設定されています。

経験学習のけいけんシート
けいけんシート 2年生 ポトフ作り(2022年)

その経験学習で実践したことについて、子どもが「けいけんシート」に絵や文章を書いて表現します。
アウトプットすることで文章力の向上と知識が定着できるすごくいいツールだなと思いました。

けいけんシートを提出すると、先生から丁寧に添削&コメントがもらえます。先生はどんな小さなことでも娘を褒めてくれたので、娘は返却されるのを楽しみにしていました。
そのことも添削を出し続けることができた理由だと思います。

じゅんぺー

準備など親のサポートは必須なので、正直大変だなと思うこともありました。でもそれ以上に楽しく、発見がたくさんあって、親子ともに大変貴重な体験となりました。

経験学習について詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

>>【Z会けいけんを徹底レビュー!】2年間欠かさず続けたリアルな感想

【みらい思考力ワーク(オプション講座)】論理的思考力の土台が身につく!

みらい思考力ワークはオプション講座で月に4回取り組みます。

このワークは、試行錯誤して正解を導き出す問題や、文章を読んで情報を取捨選択していく問題などがあり、今後、生きていく上で様々な場面において役に立つ力が身につくと感じました。

みらい思考力ワーク 2年生
みらい思考力ワーク 2年生
じゅんぺー

親でもじっくり考えないと解けない問題がありました・・・。

みらい思考力ワークについてもっとくわしく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

>>Z会みらい思考力ワークってどう?娘と取り組んだ感想をレビュー!

小学生コース1・2年生は難しい?

我が家はハイレベルを受講していましたが、国語・算数に関してはしっかり考える問題はあったものの、1・2年生の時はそこまで難しいと感じる問題はなかったです。

ただ、上述した通り「みらい思考力ワーク」はじっくり考えないと解けない問題がありました。

また他社の通信教育に比べると難易度は高いです。

他社の通信教育と比較したい方は下記の記事をご参照ください。

>>【2022年】小学生向け通信教育5社を比較!タイプ別におすすめの教材を紹介

娘の学校の成績について(1・2年生の時)

1・2年の学校のカラーテストはほぼ満点。

学校の成績表は、国語・算数・生活についてはすべて1番良い評価の欄に○がついていました。

Z会を毎日コツコツ続けてきて、自然と力がついていった結果なのかなと感じています。

小学生コース1・2年生をおすすめする人&おすすめしない人

小学生コース1・2年生がおすすめする人・おすすめしない人をご紹介します。

おすすめする人
おすすめしない人
  • 記述力を鍛えたい
  • じっくり考える力を育みたい
  • 高いレベルを目指したい
  • お子さんの学習に関わる時間が取れる
  • 学習の習慣をつけたい
  • お子さんの学習に関わる時間がなかなか取れない

1・2年生のコースでは、親が丸つけをしたり、学習をサポートすることが必須です。

特に経験学習は、親が伴走しながら取り組む学習で、準備や作業を一緒にやる必要があるので、お子さんの学習に関わる時間がなかなか取れないお忙しい方にはおすすめできません

その場合は、タブレットコースをおすすめします。タブレットコースだと丸つけを自動でしてくれたりと、一人で学習を進めることができる設計になっています。

タブレットコースと比較したい方は下記の記事をご覧ください↓↓

>>【Z会小学生 紙の教材とタブレットどっちが良い?】6つの点を比較

まとめ

ここまで下記のことをご紹介しました。

  • Z会を選んだ理由
  • Z会小学生コース1・2年生の詳細と感想
  • Z会小学生コースがおすすめな人・おすすめしない人

個人的にZ会で気に入っているポイントは、記述力・考え抜く力を鍛えることができるところ学習カレンダーを使って学習を習慣化できるところ

低学年のうちから高い学力の土台を身につけておきたい方には、Z会がおすすめです!

\ 資料請求はこちら /

最短1分で資料請求完了!おためし教材が無料でもらえます

ブログ村ランキングに参加しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできるもくじ